トラックスケール-ダイトク製品紹介-

トラックスケールの使用イメージ

トラックスケールの新規導入をご検討されているお客様には設置状況や車両サイズ、総重量等の詳しい情報をお聞きして最良最適なタイプをご提案いたします。
さらに当社では導入時の基礎工事や据付から、業務効率を向上させる計量システムや計量自動化までトータルコーディネートが可能です。またカードリーダーなどその他関連製品も豊富な事例とともにご案内させていただいております。
稼働中のトラックスケールに起きたトラブルや故障は他社製品も含め修理対応を承っております。
トラックスケールとは
トラックスケールの選び方

提供可能なトラックスケールの種類

トラックスケール 埋込型ピットインタイプ

埋込型トラックスケール – ピットインタイプ

地下に埋込むことで自由な方向から乗り降りが可能になり、限られた土地を有効に使いたい場合に最適なタイプです。基礎を深めにする事で内部の点検・清掃も容易でトラブル時の応急復旧に迅速に対応できることやトラックが乗った状態での荷物の積み下ろしが容易にできることから業務の迅速さが求められる事業者さまにお勧めです。

トラックスケール 埋込薄型ピットインタイプ

埋込薄型トラックスケール – ピットインタイプ

内部の点検・清掃をするために載面鉄板を撤去する必要があることから、クレーンのある工場内砂・砂利の少ない環境での使用に適しています。また地盤が悪く水の出る地域でピットインタイプを導入する場合も薄型がお勧めです。
埋込薄型の最大のメリットは基礎工事費が安価なことに加え一体型構造のため据付時間も短く導入の時間とコストが削減できることです。

トラックスケール 地上型ピットインタイプ

地上型トラックスケール – ピットレスタイプ

地中を深く掘れない立地などでは地上型を選択します。基礎が浅いため基礎工事費が安価となりトータルコストを低減します。また電気部品が地上にあるため水没によるリスクも低減され、メンテナンスも非常に容易です。
スロープを経由したトラックの乗り降りとなるため比較的広い土地が必要になりますが、環境トラブルなどに最も強いタイプといえます。

トラックスケール 地上薄型ピットレスタイプ

地上薄型トラックスケール – ピットレスタイプ

載面の高さが通常のピットレスタイプより低くなるためトレーラーなどの大型車両の乗り降りが楽にできます。また、フォークリフトなどによる横からの荷物の計量も容易です。
通常ピットレスタイプに比べるとメンテナンス・清掃時に鉄板を外す必要があるためメンテナンス性には優れていませんが土地を掘削する事が困難でかつ大型車両が頻繁に乗り降りする場合などに適しています。

トラックスケール セパレート型

セパレート型(非検定品)

据付と撤去が容易なことに加えてコンパクトに重ねられ保管や運搬がしやすいため、解体現場や建設現場、トンネル工事などの期間工事でレンタル導入されることが多いです。
セパレート型のレンタルお見積り
左右のタイヤが乗る部分だけをスケールにし、その重量値を合算し計量を行います。前後に鉄スロープを付けることであらゆるシーンでの計量に対応が可能です。現場での有価物計量、過積載チェックなどコンプライアンスやお客様との信頼関係を重視するユーザー様のために利便性と高精度・高品質を追求した製品です。

ロードメーター

ロードメーターRW シリーズ

基礎工事不要で持ち運び可能なパッド式トラックスケール

  • 車両の軸ごとに計量して合算計量
  • プリンタ付
  • 最大計量1 パッド15t×2 枚で1 軸30t まで計量可能
  • 短期工事現場などの過積載計量に最適

指示計&プリンター

指示計&プリンター

指示計はトラックスケールから得られる計量情報の表示や、伝票発行などの各種操作を行うインターフェイスを備えた計量現場で最も使われる機器です。指示計の操作性使い勝手業務効率に直結する重要なポイントです。当社ではお客様のご要望に応える指示計とプリンターを豊富に取り揃えております。
指示計・プリンターの詳細

計量システム

計量システム

トラックスケールなどを利用した計量業務を簡素化し作業効率の向上に加え正確さと利便性を追求した、砕石・産廃・建廃・リサイクル関連事業さま向け計量販売管理システムです。
一般的な計量システムは、基本的に全ての機能が1つのパッケージとして販売されていますが、ダイトクの計量システムは必要な機能だけを個別購入できるようにしています。必要ない機能にはコストをかけず適した最少構成で計量システムをスタートすることができます。もちろん、必要になったときに機能を追加することも可能です。
業務効率の改善をお考えの方は是非一度ご相談ください。
トラックスケール向け計量システムの役割

トラックスケール導入の流れ

導入までの流れ

ご連絡をいただいてから流れは「仕様打ち合わせ現地確認御見積ご注文スケール製作・基礎工事据付取扱い説明・運用」となり、導入までの所要期間は新規(新基礎)導入の場合は最短でご契約後から約3か月程度となります。また、他社からの入替の場合は基礎の寸法などの実測が必要になります。基礎工事やオプションの有無などで期間が前後しますが、当社で全ての工程を一貫して行えるため、どこよりも短期かつ低コストで導入が可能です。当社は基礎工事を含め建設・土木工事は200件以上の実績がございます。トラックスケール導入・入替えをご検討の方はぜひご相談ください。
まとめて当社に発注がお得な理由
ダイトクの基礎工事について
基礎工事について相談する

トラックスケール用オプション

放射線検知器トラックスケール連携設置


当社の放射線検知器は、対象となる車輌をトラックスケール上で停止させることなく放射線を検知できます。
また、本製品は重要部品を含めてすべて国内部品で構成されているため迅速なメンテナンス対応が可能です。
放射線検知器の詳細

その他オプション製品

その他オプション

入力作業を一挙に削減できるカードリーダー、トラックからでも重量が確認できる外部表示器のほか、バーゲートパトライトベルなどトラックスケール用の関連製品を多数ご用意しております。
その他オプション製品の詳細

メンテナンスと修理について

トラックスケールを末永くご使用いただくために、またはかりの精度を確保するためにも、定期的なピット内の清掃及び、オーバーホールは欠かせません。定期的な保守点検により不具合の早期発見や、故障を未然に防ぐことが可能となります。ダイトクでは、お客様のご要望に応じて最適な保守契約をご提案いたします。また、修理が必要な際も、自社・他社のメーカーに拘らず迅速な対応が可能です。
メンテナンスの必要性
他社製品のメンテナンス・修理も

トラックスケール担当者からご挨拶

お客様の導入の条件をお聞かせいただき、トラックスケールのタイプ・大きさ・ひょう量・指示計、さらには必要なオプションの選定など最適な提案をさせていただきます。もちろん導入後のサポートも喜んで承ります。
お気軽にお問合わせください。