ダイトクマガジン

成分分析計の用途とダイトクが提供するレンタル品

ダイトクでは金属や土壌、貴金属や鉱物資源などを、高精度で検出可能な成分分析計をレンタル品として提供しています。ここではスクラップ選別や有害物質の特定など、成分分析計が活躍する場面を紹介するとともに、ダイトクがレンタルしている計5機種の成分分析計の機能や性能について紹介します。

空の安全を守るダイトクの空港用スケール

空港のチェックインカウンターで荷物の重さを計るはかりや、飛行機に荷物を積み込む際にその重量を計るはかりなど、空港では様々な空港用スケールが活躍しています。ここではここではどうして飛行機が安全に運行するために正確な計量が大切なのかを解説するとともに、空の安全を守るダイトクの空港用スケールを紹介します。

指示計・プリンターの詳細仕様

トラックスケールはダイトクの主力商品のひとつで、大阪では7〜8割近いシェアを誇り、近畿圏でもトップクラスのシェアを占めています。
ここでは、トラックスケールの表設備である、指示計(インジケーター)とプリンターについて、説明します。

トラックスケール向け計量システムにできること

近年はトラックスケールの標準設備となる指示計でも、顧客の情報と顧客が持ち込んだ荷物の材料の種類や重量を紐づけて管理するといったことが可能になりました。しかしそれ以上の複雑な情報の管理となると、オプションの「計量システム」の導入が必要になります。計量システムの概要や、ダイトクが提供する計量システムの特長を紹介し、具体的にどんなことができるのかについても説明します。

土木工事はトラックスケールメーカーにまとめて発注がお得な理由

土間、擁壁、建屋など、トラックスケール設置に必要な土木工事、あるいはトラックスケールを使用する工場等現場全体の工事まで、まとめてダイトクにおまかせください。地盤の硬さや傾斜の特徴など、トラックスケールメーカーならではのノウハウで、まとめて施工でき、コストもお得です。

はかりを扱ううえでとっても大切な検定と検査の話

トラックスケールや精肉店や鮮魚店のはかり、ガソリンメーターやタクシーメーターなど私たちの生活の周りでは、様々なはかりが使われています。もしこれらのはかりが正確でなかったら、経済や生活がむちゃくちゃになってしまうでしょう。そのためこれらの重さに関する取引や証明に使われているはかりは、一般家庭で使う体重計のようなはかりとは別に「検定付の特定計量器」と呼ばれ、法律や日本工業規格(JIS=Japanese Industrial Standards)で細かなルールが定められています。この特定計量器を事業で扱ううえでとても大切なのが検定と検査です。ここではリサイクル業者様や一般的な製造業様で物の重さを計るはかりをご使用の方にこの2つについて詳しく解説します。

他社製トラックスケールのメンテナンス・修理も行なっております。

他社製品のメンテナンスや修理も可能です。公的機関の検定を通過している計量器であれば、特に問題なく保守メンテナンスが可能です。また、メンテナンス対応には、品質があります。そのメンテナンスの品質にこだわった、ダイトクのはかりのメンテナンスについて、ご紹介します。

立地や用途によって異なる?最適なトラックスケールの選び方

「インターネットでトラックスケールについて調べてみても、いろいろな種類があってどれが自社に最適なトラックスケールなのか判断がつかない」という場合も多いのではないでしょうか。
残念ながらどのようなトラックスケールが最適なのかを正確に判断するには、実際に問い合わせをいただいたり、現地に行って調査をしたりする必要があるため、一概に「こうやって判断してください」と言うことはできません。
しかしそうは言ってもある程度の判断基準は存在します。ここでは、その判断基準をわかりやすく解説します。