空港用はかり

ダイトクの空港用はかりは、時代のニーズに応じた製品の開発・供給を行っており、自社開発のアンプ(DF-300)と独自設計の構造で、日本全国の空港や海外の空港まで、世界中の航空業界でご利用いただいております。

カウンタースケール

手荷物用スケール

空港チェックインカウンターの間に設置し、旅客が手荷物を預ける際に計量するためのハカリです。重量表示部は特に空港のバゲッジスケール用として、開発されたもので旅客側とサービス職員側に表示されます。

ひょう量 100kg~150kg
目量 100g〜500g
載台寸法 500×500〜750×750mm

手荷物用薄型スケール

50mmの薄さの手荷物用薄型スケール。薄型設計なので手荷物を載せる際に手荷物を高く持ち上げる必要がないためお客様のご負担を減らします。

ひょう量 100kg~150kg
目量 100g〜500g
載台寸法 500×500〜750×750mm

コンベアスケール

手荷物用コンベア付スケール

計量器本体上部にベルトコンベア装置を載せており、運搬計量が可能となっております。 主に国際線のチェックインカウンターに配置します。カウンタースケールと合わせ、エアライン国内シェアNo1を達成しております。

ひょう量 100kg
目量 100g~500g
載台寸法 65×1000~850×1300mm

カーゴスケール

カーゴスケール

空港荷物を計量するための埋込式のハカリです。フォークリフトに載せられた貨物やコンテナー、ドーリーを計量します。二連式の物もございます。 また、各航空会社様や空港所様様のさまざまなご要望にお応えできるカスタマイズが可能です。

ひょう量 5t~20t
目量 2kg~10kg
載台寸法 2.4×3~3.5×4.5m

オムニ付カーゴスケール

空港貨物を計量するハカリです。計量器本体上部にオムニホイールを搭載し、コンテナーなどを多方向に自由に搬入計量、搬送することができます。

ひょう量 3t
目量 1kg~2kg
載台寸法 1500×2000~2500×3500mm

フォークリフトスケール

フォークリフトスケール

フォークリフトスケールはパレットを持ち上げるだけで計量ができる画期的な製品で、大手航空会社様との共同開発品・共同特許取得済みです。
高精度なため特定計量器として取引に使用できます。

ひょう量 1t~3t
機能 風袋引き、累計、NET/GROSS、ゼロリセット
精度 ±0.1%以上

オプション

空港用はかりの関連製品は多彩なオプションをご用意しております。
大型外部表示器が組み込まれた操作BOXや水没防止のための水位警報装置、溶融亜鉛鍍金など、お客様にとって最適なオプションをご提案させていただきます。

担当スタッフからご挨拶

空港用はかりついては私が担当させていただきます。
空港担当になって15年の間に日本中の様々な航空会社様、空港所様ではかりを導入頂いた実績があり、お客様に最適なはかりを提案させて頂きます。
お気軽にお問合わせください。