新制度 改正SOLAS(ソーラス)条約について

輸出コンテナ総重量の確定方法の制度化

改正SOLAS条約関連
「海上人命安全条約」(SOLAS条約)は、従前より、国際海上輸出コンテナの総重量を船長に提出することを荷送人に義務づけていましたが、総重量の誤申告に起因するとみられるコンテナの荷崩れ等の事故が発生していることを踏まえ、総重量の確定方法が、本年7月1日より発効する改正SOLAS条約に定められました。

国土交通省では、この改正条約を実施するため、船舶安全法関係省令の「特殊貨物船舶運送規則」及び「危険物船舶運送及び貯蔵規則」を一部改正するとともに、特殊貨物を収納する海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示」及び「危険物を収納する海上コンテナの質量の確定方法等を定める告示」を制定しました。

1.荷送人(船社が発行する船荷証券(B/L)に荷送人として記載される者)は、次のいずれかの方法で確定したコンテナの重量情報を船長等に提供しなければなりません。
[1]貨物の入ったコンテナの総重量を適切な計量器で計測する方法
[2]適切な計量器で個々の貨物、梱包材等を計測し、それらと空のコンテナ重量を足し合わせることにより確定する方法

国土交通省HPより抜粋)

ダイトクでは「改正SOLAS条約」対策をご提案できます!

2016年7月1日から施行されたそのガイドラインには「特定計量器」や「製造事業者」「器差」等、計量に関する専門用語が記載され、一般的に馴染みのないわかりにくい内容となっています。
計量器専門メーカーであるダイトクでは、お客様のご予算、運営方法、立地等を考慮した最適なプランをご提案させて頂きます。
また、近年はコンテナの偏荷重による横転事故、過積載違反等、安全面やコンプライアンス面でも積荷の計量は重要視されています。
ダイトクでは、据置型のトラックスケールや簡易式トラックスケール、軸重計などの様々な製品ラインナップがあり、ネットワークPCを利用した複数事業所間での計量データ管理やICカードを利用した無人計量システムなどオプションも豊富、短期・長期のレンタルも行っております。

お電話でのお問い合わせ