4月12日から15日まで社員旅行で沖縄に行ってまいりました。参加者は総勢16名。社長の溝川をはじめ、若手が多いメンバーでの社員旅行となりました。今日は私、総務部長の西家から、この3日間のレポートをさせていただきたいと思います。

1日目〜やっぱり気になる自社のスケール

空港用カウンタースケール

1日目の12日は朝の8時に伊丹空港に集合。JAL様のカウンターにて手荷物を預かっていただきましたが、そこには弊社製のカウンタースケールが使われています。心の中で「それ、ウチの製品なんですよ」とつぶやきながら、職業病なのかつい汚れや歪みをチェックしてしまいます。

社員同士でも「ウチのスケールで測ったんやから、計量結果に間違いはない。安心して任せられるな」などと冗談を言い合いました。ダイトクあるあるです(笑)

沖縄には11時着の予定でしたが、1時間ほど遅れて12時過ぎに到着。現地の気温は23℃ほどで過ごしやすく天気も良好、最高の社員旅行日和です。ホテルに荷物を預けてからは、いよいよ各々グループに分かれての自由行動です。

国際通りに買い物に行った人、ひめゆりの塔や首里城などの歴史的な観光地へ足を運んだ人、「沖縄と言えばステーキやろ!」とステーキを食べに行った人などおもいおもいの時間を過ごしました。

美ら海水族館

※写真を撮り忘れたため、無料素材で失礼いたします……。

そんな中、私はちょっと足を延ばして美ら海水族館まで行ってきました。ホテルから車で2時間半の道のりでしたが、沖縄らしいカラフルな魚や、ジンベイザメやマンタといった大きな魚を間近で見ることもでき、たっぷり満喫することができました。

水族館に行くまでの間に老舗ファストフード店のA&Wでアメリカンなバーガーを堪能し、帰りにはこれまた老舗のステーキハウス88を偶然見つけ、アメリカンサイズのステーキも堪能することができました。アメリカンなバーガーにアメリカンなステーキと、翌日への備えも万全にホテルに帰還。朝早かったこともあり、早々に就寝しました。

2日目〜沖縄大満喫!夜は提携会社様との宴会も!〜

2日目はダイビング、釣り、自由行動と3チームに分かれて行動です。私は営業の木村を中心とする釣りチームに参加しましたが、なんと我らが釣りチーム6人の起床時間は4時半!

早朝の釣りへ!

5時にロビーに集合し、コンビニで買い物をしつつ5時半前には港について、チャーターした漁船に乗り込み、「絶対に釣るぞ!」と気合を入れて出航しました。

社員旅行の釣りでなぜこんなにまでやる気満々だったのかというと、夕方からの宴会場に釣果を持ち込んで捌いてもらう予約を取り付けてあったからです。そんな予約をしてボウズで帰ってはダイトクの名が廃るということで(?)、万全のスケジュールで臨んだのです。

営業の木村

ポイントまでは1時間半。波は1mを越え、ポイントに行くまでの間にも船は激しく揺れます。釣り初心者の私はこの時点でかなり不安になりましたが、ポイント近くから船頭さんに1本えさのついた釣り糸を流してもらうと(トローリング)、面白いようにヒットします。激しく揺れる船の上で時々足をもつれさせながら、交代で一人1回ずつ2,3匹かかっている竿を上げ50cmほどのカツオやマグロを15匹ほどゲットしました。

この辺りで1人が船酔いで撃沈しますが、釣りチーム隊長の木村は「ここで帰るわけにはいかんでしょう!」と続行を決断。その後は別のポイントに移動し、生き残った5人で各1本の竿を出して釣りはじめました。ところがここでまさかの雨が降り始めます。海はさらに荒れ、油断すると投げ出されそうになるほど船が揺れました。

大漁!大漁!

しかしそれでも歯を食いしばり、釣り続けること数時間。全部で40匹ほど釣れたあたりでしょうか、全身びしょびしょになった私たちを見た木村の「そろそろ帰りましょうか」の一言で引き上げることになりました。

私は初めての船釣りだったので、船酔いを覚悟して酔い止めを飲んでいたのですが、船酔いこそしなかったものの、想像以上の揺れに雨が重なり、終わった頃にはフラフラになっていました。しかし釣れた時の興奮は大きく、また機会があればいってみたいと思いました。

沖縄の美しい海

一方、ダイビングチームも初めてダイビングをしたメンバーが数人おり、沖縄の綺麗な海を満喫できたようで、自由行動チームは久米島に行った人や沖縄本島最北端までドライブにいった人など、各々沖縄ならではの貴重な時間を過ごせたようです。

釣りチームは13時頃に一旦ホテルに戻ってシャワーを浴びて、釣果を居酒屋さんに持ち込んで解散。私はその後18時ごろまで国際通りで買い物をしながらのんびりして、19時に宴会場に到着しました。

テクノスケール様を交えた宴会

宴会はちぬまん 泉崎店でテクノスケール様4名を招いて行いました。テクノスケール様とダイトクは長い付き合いで、沖縄でダイトク製品のメンテナンスや据付のサポートなどをして頂いています。

普段は特定のメンバーとしかやり取りがありませんでしたが、会社ぐるみでの交流ができたのも、今回の社員旅行の大きな成果と言えるでしょう。気合いを入れて確保した釣果もおいしく捌いてもらい、3時間があっという間に感じるほど、大いに食べて飲み、大いに盛り上がりました。

3日目〜心地よい疲労感に揺られて大阪へ〜

3日目は朝から朝市や買い物に行って各々自由に時間を過ごし、10時半にレンタカー会社に集合、送迎バスで空港に向かいチェックインしました。

空港は大混雑で乗り遅れそうになった人もいましたが、なんとか全員揃って搭乗できました。大半のメンバーが爆睡するなか、予定より1時間遅れて到着し、無事社員旅行を終えたのでした。

まとめ

ここ10年ほどの社員行事としては、泊まりでの忘年会などはあったものの、旅行は久しぶりでした。少しハードではありましたが、皆楽しむ事ができリフレッシュできたので、来年もまたいい企画ができればと思っています。